「呼吸器系疾患」を相談する病院を探す

呼吸器系疾患に対応した病院・クリニック・医院を探すことができます。

  患者数 患者数集計条件

特発性間質性肺炎

肺胞の壁の中や周辺に炎症がおこり、肺胞の壁が厚くなる病気です。からせきや運動時の息切れがあらわれ、指の先がふくらむことがあります。
7,065 23年度合計患者数

サルコイドーシス

肉芽腫が全身の様々な臓器にできる病気です。息切れ、せき、目のかすみ、視力低下、皮膚のしこり、不整脈など、臓器によって異なる症状があらわれます。
22,161 23年度合計患者数

びまん性汎細気管支炎

呼吸細気管支が慢性的な炎症をおこす病気です。咳や痰が出るようになり、黄色~緑色の汚い痰が次第に増加し、階段や坂道で息切れを感じるようになります。
14,000 推定値

若年性肺気腫

若い年齢で発症する肺気腫のことです。息切れがおもな症状で、病気の進行とともに息切れがひどくなり、慢性的なせき、たんがみられることもあります。
560 推定値(平成23年)

ランゲルハンス細胞組織球症

ランゲルハンス細胞の異常(腫瘍性)増殖による炎症で、3疾患の総称です。息苦しさや空咳、頭蓋骨の欠損、薄い尿が大量に出るなどの症状が出ます。

肥満低換気症候群

肥満に慢性の高炭酸ガス血症、低酸素血症をともなう病気です。息切れ、傾眠傾向、頭痛、チアノーゼ、睡眠中の無呼吸発作、がみられることもあります。
500,000 推定値

肺胞低換気症候群

肺は正常であるにも関わらず肺胞換気量が低下する病気で、初期は自覚症状がほとんどなく、病気が進むと呼吸困難、睡眠中の息苦しさなどがあらわれます。
40 推定値

肺動脈性肺高血圧症

肺や心臓に原因となる病気がないにもかかわらず、肺動脈内の血圧が高くなる病気で、息切れ、疲れやすい、めまい、失神、胸痛、血たんなどがあらわれます。
1,969 23年度合計患者数

リンパ脈管筋腫症(LAM)

主な症状は肺の病変により出現するもので、息切れ、咳、痰、血痰、喘息などです。また、肺が破れて空気が漏れることがあり、胸痛や呼吸困難がみられます。
439 23年度合計患者数
PAGE TOP