「視覚系疾患」を相談する病院を探す

視覚系疾患に対応した病院・クリニック・医院を探すことができます。

  患者数 患者数集計条件

網膜色素変性症

網膜に異常をきたす遺伝性、進行性の病気で、暗いところで物が見えにくくなったり(とりめ、夜盲)、視野が狭くなったりするような症状を最初に起きます。
26,934 23年度合計患者数

加齢黄斑変性

黄斑(網膜の中心部)が加齢をともない様々な異常をきたした状態で、物がゆがんだり、小さく見えたり、暗く見えたり、急に視力が低下したりします。
690,000 推定値(平成19年)

難治性視神経症

視神経に虚血・外傷・中毒などで障害がおこる病気で、視神経炎、循環障害、色覚の異常、急激な視力低下など、原因疾患によっておこりかたに差があります。
不明 不明
PAGE TOP